きんぎょ

知識を「知恵」に変えるブログ。

メモ書くだけで喋れるようになった件。

きんぎょは、よく天然と言われていました。

 

例えば会話の時

「きんぎょはどう思う?」と聞かれても

「えーと、あ~その~、俺は良いと思う」

程度の返ししかできません。

 

極端にコミュニケーションが苦手なわけでもないのに、リアクションが遅く、具体性に欠けた答えしか言えませんでした。

 

他にも、忘れ物をしたり、大事なことを伝えてなかったり・・・おかげで親には

「シャキッとせえ!!!」

とたくさん叱られていました。

 

しかし、天然のレッテルを張られていたので、

 

「俺は悪くないよ・・・生まれつき頭の回転が遅いんだよ・・・」

 

と、いつの間にか周りのせいにすらしていました。

 

さらに、きんぎょはとてもせっかちで、コツコツやるのが苦手だったんです。何をするにも三日ボウズ。

 

○『0秒思考』との出会い

 

なので「効率よく頭の回転が速くなる方法」を探していました。

そんなおいしい話あるわけ・・・ダメもとで本屋をふらふら・・・すると?

 

f:id:inakan:20180720160435j:image

f:id:inakan:20180720160804j:image

 

「0秒思考・・・頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングだって!?」

「しかも、1日10回メモ書きするだけ!?」

 

そんな魔法の本に出会ってしまったのです。

 

○驚いたこと

 

一つは、本の構成。

 

本は全214ページからなり、そのうち冒頭76ページに、メモ書きのメリットについてひたすら書かれています。

 

たった1分のメモ書きに、本の3分の1を使っているのです。よっぽど効果的ということでしょう。

 

もう一つは、著者の経歴。

 

赤羽雄二(あかばね・ゆうじ)

東京大学工学部を1978年に卒業後(中略)1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。

 

なんとあの世界有数のコンサル会社・マッキンゼー出身なのです。

(参考:東洋経済オンライン「マッキンゼーの何がすごいのか→https://www.google.co.jp/amp/s/toyokeizai.net/articles/amp/15423)

 

それも、ハイレベルな環境で「ゼロイチ」をバンバン生み出した凄い方なんですね。

 

f:id:inakan:20180720164205j:image

 

また、赤羽さんはメモ書きのルーツについて

 

「メモ書き」は、元々は私がマッキンゼーに入社した際、インタビューの仕方、分析のやり方、チームマネジメント等で役立つアドバイスを先輩から多数いただき、それを漏らさず書き留めよう、書き留めたうえでしっかり理解し自分のものとしよう、というプロセスから生まれた。

 

ただ、数千ページ書き、多くの人にも書いてもらううちに、メモを書くと自意識を取り払い、素直にものを考えられるようになることに気づいた。1分という制約の中で、素早く迷わず、相当量を書き出すことが鍵だったと考えている。

 

と書いています。マッキンゼーは「0秒思考」が当たり前の世界だったようです。

 

世界を牽引する有能人材が集まる理由も頷けます。

 

つまり、そのレベルの『メモ書き』を私たちも実践すれば、

マッキンゼーの思考レベルに到達できる!

かも!しれないのです。

 

f:id:inakan:20180720164109j:image

 

そんな赤羽さんは、0秒思考の効能をこう断言しています。

 

もやもやとした気持ちをその場で言葉にし、考えを深められるようになると、考えが進むだけではなく、どんどんスピードアップしていく。3、4日かかって考えていたことが数時間でできるようになる。1ヶ月かかっていたプロジェクトをものによっては1週間で終わらせることもできるようになる。生産性は数倍~数十倍上がる。 

 

マッキンゼーしゅごい!!かっくいー!!!

 

さっそく実践。

 

メモ書きのルールはとってもシンプル。

 

・テーマ

・日付

・アイデア4~6個(1つ20文字程度)

を1分以内に素早く書く!

 

だけです。

 

テーマは「彼女を作るには?」「なぜ上司に怒られた?」

なんでもOK。

f:id:inakan:20180720160730j:image

 

これを1日最低10枚、書いていきます。

また、アイデアは20文字以上書きます。

 

20文字ならある程度具体的に書けるからです。

思考力を高めるには、具体的に言語化することがポイントになります。

 

 

○実際やってみた

 

最初1週間は全然かけません。(笑)

文字がミミズでした。

 

f:id:inakan:20180720160738j:image

 

ですが、慣れてくると

字の綺麗な20文字で、6つのアイデアを10秒残して書けるようになりました!

こんな感じ↓

 

f:id:inakan:20180720160741j:image

(※日付が7/19ですが、あくまで再現のために作成しました)

 

ここまでだいたい2週間です。

これが1ヶ月、2ヶ月続くと、マッキンゼーに近づくのかな?💪

 

○効果

2週間実践して、明らかな変化が2つありました。

 

1つは格段に言葉が出やすくなりました。

 

会話で「えーと、あ~その~、俺は良いと思う」

「こういう所がこうだから良いと思う」

とスラスラ話せるようになりました。

 

昔の僕は、頭の回転が遅いわけではなかったようです。

実は、相手の反応が気になってしゃべれなかっただけだったんですね。

 

f:id:inakan:20180720161812j:image

「相手を怒らせたらどうしよう」

「嫌われるかも」 

 

1分で6つアイデア出すのに、そんなこと言ってる暇はないんです。

 

むしろ時間の大切さに気づき「言わないともったいない」と思えるようになりました。

 

そしてもうひとつは、継続力が付きました!

 

メモ書きは、愚痴でもいいんです。

なので「最近あいつウザいわ〜」

なんて事も書けちゃいます。

 

そうして毎日好きな事を書くと結構スッキリするので、三日坊主でも意外と続きます^_^

 

f:id:inakan:20180720162845j:image

 

毎日10個書こう!も思うと続きません。

吐き出したい時にしっかり言語化出来ればそれでいいと思います。

 

但し、くれぐれも他人に見せないよう(笑)

 

という感じです!!

 

イデア力の向上が本来の目的ですが、

 

継続力をつけたい!

コミュニケーションを円滑にしたい!

 

という方にもオススメかと!!

 

気になる方は是非↓