きんぎょ

知識を「知恵」に変えるブログ。

3大義務について考えてみた件。

どうもどうも。

 

連日、物凄い大雨ですね☔️ 

f:id:inakan:20180707230108j:image

僕は今日、新聞社の筆記試験を受けに、陸の孤島と化した三田市からタクシーで脱出しました(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

宝塚まで片道7,000円が、財布から消えてゆきました… 出費きつい…

 

それはさておき。

 

今日は憲法のお話です^_^

全然難しくないので、ゆっくり見てください^ ^

 

皆さん、『国民の3大義務』って覚えてますか?

中学校?で習ったやつ。

 

 

 

 

 

 

 

「教育の義務」「勤労の義務」

そして納税の義務

です!

 

懐かしいですね(笑)

それぞれどんなだったか説明できますか?

僕はできないので、Google大先生にお願いしました。(笑)

f:id:inakan:20180707230345p:image

 

3大義務は、日本国憲法に明記されています。

 

①【教育の義務

第26条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

2項 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

 

②【勤労の義務

第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

 

③【納税の義務

第30条 国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

 

(引用元: http://www.houko.com)

 

お堅い文章ですが、ようは

「あんた日本国民なら、働いて税金納めて子供に教育させな?かっこ悪いぞ?

って話です。

 

「かっこ悪い」の意味が腑に落ちない方、多いと思います。

なのでここは、そもそも「義務」って何なの?? という所から。

 

辞書には、義務とは

 

1. 人がそれぞれの立場に応じて当然しなければならない務め

 

2.倫理学で、人が道徳上、普遍的・必然的になすべきこと

 

とあります。

(引用元: https://dictionary.goo.ne.jp)現代っ子

 

つまり、3大義務は

大の大人が働きもせず、国にお金も払わず、子供を学校にも行かせないなんて、周りからみてかっこ悪いから義務に従いなさい」

という解釈ができるんです。

 

だから、たとえニート不登校児だとしても

「やつらは憲法違反だ!!!!今すぐ逮捕しろ!!!!」

 なんて言われないですよね(笑)

 

彼らは(理屈的に)かっこ悪いだけであって、義務に従わない=罪では無いのです。

f:id:inakan:20180707230427j:image

 

また、日本国憲法には、政府への法的拘束力があります。

なので、3大義務は国民を強く縛るものではなく、あくまで

憲法「が」政府「に」課す「義務」なんです。

 

したがって

「義務だから絶対しなきゃいけない!」

は、半分正しくて半分間違ってると、僕は考えます。

 

以上より3大義務は

「した方がいいこと」と言えます。

また裏を返せば、それは

「しなくていいことがある」という意味です。

f:id:inakan:20180707230533j:image

 

近々ここでもシェアしますが、僕は今節税について勉強しています。 

勿論、「強制ではなく義務である」という前提に立って。

 

「節税は怪しい。ちゃんと税金を納めるのは義務だしやっちゃいけない」

そう思う方もいるでしょう。

 

しかしびっくり。 

 

なんと節税の仕方が国税庁のHPに載ってるんです!!(しかもJapanese!!!)

国税庁「特例支出控除」:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1415.htm

 

税金取りたい国が「納めなくていいですよ」って言ってるのなら、利用した者勝ちです。

f:id:inakan:20180707230717j:image

かっこよく節税して、かっこよくお金を回せる人になりたいと思います💪

 

以上、国民の3大義務の話でした!

 

まったね〜〜〜✌️