きんぎょ

「本音で書く」をモットーに、毎日?更新します。

歪み

 

普通に考えておかしい。

 

5/19(金)、共謀罪予算委員会強行採決されました。

「強行」の二文字から、法案に反対する人たちの強烈な怒りと悔しさと悲しさを感じます。

まともな人間であれば、事態がいかに異常であるか、本質を見なくともフィーリングで分かるはずです。

 

国会議員が。国のリーダーが。大の大人が。なにしてるんや。ダサい」

 

野党も野党です。以前の安保法案といい、いくらなんでも体で分からせるのはもはや言論の府の崩壊です。

それでもやはり強行採決は、民主主義を踏みにじる愚の骨頂と言っても過言ではありません。

 

民主主義は国民と政府の信頼関係で成り立っています。

国民は政府を信じて、政府は国民を信じる。

親切で優しい人が多い日本にはぴったりの制度だと思います。

腰の曲がったおばあちゃんが、話したこともないような人の言葉一つを信じて、時間と体力を削り、わざわざ投票所まで歩くのです。

政治家は頭が良いんでしょ?ハンパねえ意志と行動力があるんでしょ?だから信頼するのです。

 

しかし、信頼を失うのは簡単なのです。

 

以前安保法案が強行採決された際、安倍首相はとんでもない事を言っています。

f:id:inakan:20170519173444j:plain「国民は時間がたてば忘れるだろう」

確かに、これは国民への信頼を欠いた政府側の本音として受け取れるでしょう。

しかし、冷静になってみてください。「普通に考えて」これが国のトップの言うことでしょうか。思ってても言っちゃいけないことの分別くらい、その辺の高校生でも出来る事です。

もはや信頼を失うことなど、何も怖くないのです。本当に恐ろしい。

 

せっかく信頼していたのに。

 

挙句の果てに、今回2度目の強行採決

 

政治が少しずつ傾き始めているという事。そして、「普通に考えておかしいこと」が、平気でまかりとおる日本になりつつあるという事実。 

 

こんなことばかりで歴史の教科書を彩ってほしくない。

 

本当に勘弁してくれ。

 

(文中の安倍首相の発言は安保法案成立直後、NNNで報じられたものです。発言の真偽は定かではないです。)