きんぎょ

完全感覚Dreamerな大学3回生がここでは真面目に考えます。

終戦記念日

お久しぶりです!

 

一昨日8月15日は終戦記念日でした。
毎年この日は、日中戦争・太平洋戦争で亡くなられた延べ300万人以上の犠牲者を追悼する日。

のはずです。

昨日、新聞の社説にこんな事が書かれてありました。

戦没者の方々は国や愛する人の為に戦い、亡くなられたのであり、決して戦争の「犠牲者」ではないー

戦う目的を決めつけるニュアンスに違和感を覚えました。

僕は、犠牲になられた方々の本音を汲み取る事が大切だと思うのです。

確かに当時は、お国の為に戦い死ぬ事は立派だとする風潮がありました。
しかし、実際戦場で死を迎えんとする兵隊たちが、愛する家族がいるのに「国の威信をかけて戦います」と、心から、言えたものなのでしょうか。

先の大戦は、国民が「そんなん知らんわ!」と言いたくなるような国家権力者の争いに無理矢理動員され、罪も無いのに命を捧げざるを得なくなった、史上最悪の出来事です。誰も手伝いたく無いような「人を殺すボランティア」。そして皮肉にも、ボランティアなのに自分の命を賭けなくてはいけませんでした。

戦う事を強いられた以上、感情を高める必要があったのでしょう。しかしいくら発揚しても、心から「天皇陛下万歳」と思えるのでしょうか。愛する家族がいるのに喜んで死ねるはずが無いのです。むしろ、国家が仕掛けた無謀な戦争に首を縛られ殺されただけです。
殉死ではなく、戦死なのです。

また
「今の国民の平和な暮らしは先の大戦の数多くの犠牲の上に成り立っている」
とよく言いますが、これも僕の腑に落ちません。
とくに特攻隊に関しては、戦局が悪化するなか捨て駒になるのは彼ら自身が分かっていたはずです。
そうした過去があってもなお
「彼らが犠牲にならなければ私たちの平和な暮らしはなかった」
かのように語るのは、単なる決めつけに過ぎないと思うのです。よくわからないロジックが美談化されている事に強い違和感を覚えます。

本当に日本の事を思って死んでいった人などいないと思うのです。
日本を憎み死んでいった人も少なからずいるはずなのです。
それを、戦争を知らない人たちが「殉じた」と一概に評するのは少し浅はかだと思います。
国家権力に利用され、殺されたのに、彼らは「犠牲者」ではないのでしょうか。

戦争の記憶は、体験者にしかわからない。自戒を込めて、それを誤解してはならない。

そして、結論はただ1つ。戦争はしてはいけない。

300万人の方々が、どんな気持ちで最後を迎えたのか。私たちはどう弔うべきなのか。
そんな取り留めもない事を考えた、8月15日でした。

ちょいと前に、僕の考えを裏付けるような、戦争体験者のインタビューがTVでありました。下に貼っておきます。

 

https://www.youtube.com/attribution_link?a=PLYYV_z1irc&u=/watch?v=wHfBG5pSwpU&feature=share

結局

はてなブログに戻ってきました。

 

FC2はおスマホだと編集しにくいのです。

 

改行しても反映されないし。

 

理由はそれだけなんですけどね(笑)

 

飽き性なので、ついつい乗り換えてしまいます。

 

これから恋愛に意気込むぞ(遅い)って時に飽き性だとあれなので。

 

飽き性、何とかしたいぜ。

もっと楽に生きよう

約3週間ぶりの更新です。

 

きんぎょがこの3週間何をしていたかというと、特に何もしていませんでしたね。

というとウソになりますが、ブログを中断するほど忙しくはありませんでした。

(きんぎょだから水槽でぷくぷく泳いでたんでしょ、とか寒いジョークはやめましょう)

 

ホリエモンってご存知ですか?って聞くまでもないでしょうが。

 

 こないだ、固定観念を打ち砕くような記事に出会いました。

ホリエモンが言うことはすべて正しいみたいな風潮は良く思っていませんでしたが、今回は深く心を打たれました。なんかこう、自分の心の細い穴に針で糸を通されたような気持ちになりました。

 

3歳児のような心であれ。

 

なるほど。

 

確かに、何も考えずにすごしていた幼少期はとっても楽しかったですね。昔の僕は鉄道が好きで、初めはオリジナルの地図を作ったり、鉄道模型を組み合わせて複雑なモデルを夢中で作ったりしました。そんな時に、「こうしないと怒られる」とか「今週中にせねば」とか思うはずもなかったです。

ただ、何回もするうちに問題がでてきます。地図で道路の線がまっすぐ引けないとか、鉄道模型がうまく走らない、とか。そこで初めて、次はものさしを使って線を引いてみようとか、線路の組み合わせを変えてみようとか考えたものです。

 

大人になるにつれて、どこかこう、「5W1H」ばかりを意識してなかなか実行に移せないことが増えてきます。そんな息苦しさを払拭してくれる、良質な記事だと思います。

考えて実行に移せないのは、決して逃げというわけではなく、本当に大切な事だから考えるのです。でも考えてばかりじゃいけないよ、最初に感じた純粋な興味を忘れちゃいけないよ、という解釈です。

 

まずは楽しいという気持ちで行動し、計画はその後。

 

自分にはその方が向いている気がしたなあ。

 

皆さんもぜひ。

 

休憩〜

こないだQTTAラーメン。

f:id:inakan:20170526010743j:image

梅田の東通りの近くにあるよ。

 

百聞は一見にしかず。

 

探してみては。

新聞を読む事

あつい〜なぁ〜

 

少し早めの暑中見舞い申し上げます。きんぎょです。

 

新聞を読むってやっぱり大事だなって思った話。

 

マスコミ業界志望の友人は、産経新聞で働きたいそう。

なぜ産経新聞かと聞くと、ほかの新聞社とは違い中立的であるかららしい。

産経新聞の事は驚きだったけど、友人が読み比べをするという習慣を中学生の頃から続けている事がもっと驚きだった。

読み比べを続けてどう変わったか。

それは、物事の本質を追求する力が身についたということ。

 

同じ事を取り扱うのに、新聞によって言ってる事が違う。

じゃあだれが本当の事言ってるんだ!

そう気になって調べる。

毎日「真実は何処へ?」 と疑う。

その習慣の積み重ねにより、本質を見る目が養われる。

 

メディアは物事の本質を伝えない。そして、若い頃の純粋な探究心は年齢とともに失われてゆく。まだ大学生だから、20代だからと言ってタカをくくっていると、簡単に騙されてしまう。だからお前も気をつけろよ。

会話を通して、そんなメッセージを暗に受け取った。

 

本質を見抜くための一番手っ取り早い訓練、それが新聞を読むことなのだと思う。

 

最近習慣ほど恐ろしいものはないなと思う。

同じ事を繰り返すだけで自分の意志とは無関係に体が動いてしまう。まるで何者かに操られているように。それに、良いことも悪いことも簡単に習慣化するのだから、これほど恐ろしいことはない。

自分の血肉になる良いことを、たくさん習慣化していきたいと思う。

走る、資格勉強する、毎日おしゃれな服を着る。

小さなことから。

 

今日も、新聞を読もう。

 

ブログ投稿遅れた。まあいいや!

5月病でつらい人、いませんか?

 

5月病になると、なんとなく気分がどんよりしたり、何もしたくない気分になりますよね。

 

その気持ち、すごーーーくよく分かります。

 

僕も1年前、5月病にかかりました。

 

「授業行かないといけないのは分かってるけど、授業行きたくないな・・・」

「なんとなくしんどい・・・」

そんな日が1ヶ月ほど続きました。

 

あれから1年たち、自分がなぜ5月病になったのか、考えてみました。

その結果、「完璧主義」が原因だということが分かりました。

当時の僕は、「授業は一度も休まずに出席する」ことを目標にしていました。しかし、5月に他の用事でたった1度授業を休んたことがきっかけで、やる気をなくしてしまったのです。

 

そもそも、完璧主義とはなにか。

 

「完璧主義」は、平たく言えば、何事も100%の結果じゃないと満足しない心境のことです。極端な例を挙げると、「ホールケーキを6等分しなさい」と言われて、「大体コレくらいかな」でいいのを、わざわざ分度器で計って60度ずつぴったしに切る人が完璧主義です。

さすがにそんな人がいたら、ちょっと面白いですよね。

しかし、完璧主義者は、何事においてもそれくらいの気持ちでいるのです。

 完璧主義は、強迫観念との戦いです。

「絶対、こうしないといけない」

そんな強迫観念にとらわれて、毎日過ごしているのです。

ケーキが60度ぴったりに切れなかった。さらにケーキを食べて服を汚してしまった。

何度も洗ったが、目を凝らすとまだ小さなシミが残っている。気が済むまで洗い続ける。それでも取れなくてイライラする。

小さな感情のブレが積み重なり、日常のほんとにしょうもないことがモチベーションの低下につながる。

結果、何もしなくなる。

そんな負の一途をたどります。

物事の継続が一旦途絶えてしまうと、簡単にやる気をなくしてしまうのです。

 

しかしその一方で、完璧主義で大成功を収めたという話も聞きます。

では、完璧主義が辛い原因は何だったのか。去年の自分を思い出せる限り細かく振り返ってみたのです。すると、自分はこんな事を言っていました。

 「今回もできなかった」

「どうしてできないんだろう」

ここで浮かび上がった一つの価値観。

それは、「過去にとらわれすぎている」という事でした。

「どうして」「なぜ」という原因ばかり考え、ネガティブな言葉を吐き続けていたのです。

ここで考えました。

逆にポジティブな言葉を吐けばいいんじゃないか、と。

その日から、失敗してもとりあえず「まあいいや」と言うようにしたのです。

すると、原因を探ったり、ネガティブな言葉を吐くことが不思議と無くなりました。

コレには驚きました。こんなに簡単なことで、ここまで気持ちが軽くなるのか!

 

完璧にやろうとするから、言葉にすら余裕がなくなるのです。

行動するのは難しくても、言葉1つくらい変えるのは容易いことです。

完璧主義の成功者たちは、ポジティブな言葉で自分を励ますことで、結果につなげられたのではないでしょうか。複雑に見えたこの性格も、冷静に観察すれば「原因と結果」というシンプルな論理が見えてきます。

 

5月病にとどまらず、うまく行動に移せない人は、もしかしたらこの「完璧主義」がジャマしてるんじゃないかと思います。

 

完璧主義が辛い人。

 

ついつい、ネガティブになっていませんか?

 

いきなり「じゃあ次どうしよう」と考えなくてもいいです。完璧主義者はついついハードルを上げ、しんどくなってしまいがちです。

なので、まずは「まあいいや」の一言から。始めてみませんか?

 

完璧主義は簡単に治るものじゃないし、治すものでもないと思います。

未来志向にシフトすれば、完璧主義を上手く活かせる時がいつかやってくると信じているからです。

 

「木は光を浴びて育つ 人は言葉を浴びて育つ」

 

僕もまだまだですが、いつか報われると信じています。

 

一緒に頑張りましょう!

 

 

書く事が浮かばないので…

ようやく笑い話にできる、恋愛話でもしましょうか。

 

僕が中3の頃のお話。

当時、僕には好きな人がいました。隣のクラスの女の子。

女の子の見た目は清楚系、中身は口から毒吐きまくるサバサバ系。僕とは正反対でした。

その子を好きになった理由は…一目惚れ。

シンプルに顔が可愛いから、それだけでした。そう、僕は学校随一の面食い野郎だったのです(今もそうでs)!!!

 

しかしながら当時の僕は重度の恥ずかしがり屋。先生の目を見て挨拶できないほどシャイだったので、告白どころか会話らしい会話はなんと1つも交わさぬまま、気がつけばもう3月になっていました。

 

でもどうしよう。恥ずかしい。恥ずかしいけど、こうかいしてしにたくない(中3がこの言い草)。

 

3月7日。

この日15歳を迎えた僕は、決心しました。

「告白しよう」

しかし余りに緊張しすぎて何も考えられず、準備したのは…

 

f:id:inakan:20170516191747p:plain

いやどんだけチキってんねーーーーん

文字ちっっさ!!んで本名書けや!!!イニシャルてw

帰りの会で配られた不審者情報の藁半紙をちぎって書くという即興ぶり。

これをターゲットの靴箱になんだかんだでIN成功しました。

あの時は、犯行後にTVのインタビューを受けてしまった容疑者並に挙動が不審でした。「いえ、何もしてないです」自分のしている事が信じられない。やっちゃった…

 

しかし恋の行方は分からぬまま、卒業を迎えました。それもそのはず、イニシャルで書いたんだから…

 

そして高校に入り、3ヶ月が経ちました。

忘れもしない6月3日。

飼い犬の誕生日に、僕は決心しました。

 

その子のLINEを持っていたので、返事を聞いてみることにしたのです。

「僕のこと、どう思ってますか?」

すると、間髪を入れず既読が付きました。

相手「え?」「もしかして、あの時手紙をくれたのあなたですか?」

シャイボーイ「はい」

女神「本気で返事をしていいですか?」

チキン「はい」

 

を??本気???

………これはきたんとちゃうか!?(いやなんでやねん)

この時僕は完全に放心状態で、頭の中では愉快爽快寿ストーリーが走馬灯の如く駆け巡っていました。

微かな期待に胸を膨らませながらメールを待ちました。

 

メールが届きます。

 

この時初めて経験しましたね、心臓が口から出そうってこういう事なのかと。

 

メールを開きました。

 

『LINEありがとう。とても嬉しいです。でも、今は◯◯(本名)を彼氏とかそういう風にはみれません。ごめんなさい。でも、こんな私を好きになってくれてありがとうね!これからは友達として仲良くして下さい。本当にありがとう。これからもよろしくね』

 

……今は???(いやしつこいわ)

 

不思議とその時は、フラれたああああああああああ!!!!!!!とは思いませんでした。余りに丁寧な御断りだったので、むしろ救われた感じがしたのです。

 

でも、この時初めて経験しましたね。目から滝汗ってこういう事なのかと。

 

気が付けば泣いていました。自分がフラれた事を、体は分かっていました。

一通り泣き終えてから、「失恋」という事件の当事者になったのだと初めて自覚しました。

そして、告白できてよかった、恥ずかしがり屋でウジウジしててカッコ悪い自分に初めて勝てた、そう思えました。これで心置きなく死ねる。

 

ちなみに翌朝はめちゃくちゃ気まずかったです。なんとバスに乗ったら入り口付近の席に告白した女の子が座っていたのです。目が合いましたがお互い挨拶すら交わさず、僕はそのまま遠くの席に座りました。

 

これが僕の最初で最後の失恋です(笑)

 

あれから6年。僕は大学3回生になりました。

 

他に好きな人ができた訳ではありませんが、あの人の事はもう好きじゃありません。

フラれてかれの恋煩いは時間が解決してくれました。今は特に会いたいという気持ちにもなりませんね。

友達でいましょうというのは当然社交辞令で、あの日バスで目が合ってから現在に至るまで、その子との接触は一切ありせん。

 

でもこれで良かったと思います。

 

ほんと、今思い返すと笑い話ですね。

 

「あの時めっっっちゃチキってたよな〜www」

「目から滝汗だったよな〜wwwww(いや言わんけど)」

 

そう思えるのも、あの時告白できたからです。

「告白」と「失恋」を経験する事それ自体に意味があった。

変な理由で決断しましたが、あの時何もしなければ、きっと後悔で終わっていたでしょう。

 

うまくいけばいいし、うまくいかなくてもいい。

恋愛門を何度も叩いて、青アザばかり作った学生生活。それはそれでいつか笑い話になる時が来る。

成功しても、失敗しても、絶対笑い話になる。

 

ブログを書きながら、過去の自分がそう語り掛けてくれました。

 

結論、人生は何事も経験である。

 

というわけで、2人目探すかぁ!